パットのこと

前回の更新から1年以上。随分空いてしまいました。

続きを読む "パットのこと" »

近況

この7月、8月とほぼ毎週のように走ることが出来、久々に月間100kmオーバーとなっています。

暑いのと、時間不足と、体力不足でその程度でもあるのですが。

とりあえず、今年は年間1000kmを目標に走ろうと思っています。

久し振りに更新です

2年以上ほったらかしにしておりましたが、また更新を再開しようという気持ちになってきました。

続きを読む "久し振りに更新です" »

つくばりんりんロード

仕事の関係で生活の拠点がつくば市になりました。

引っ越しやら何やらで1ヶ月以上ガリレオに乗れませんでした。

勤務先も2日からGWに突入したので、地元のCRを走ろう!ということでつくばりんりんロードを走ってきました。

つくばりんりんロードは筑波鉄道の線路跡をCRとして整備したもので土浦~岩瀬間約40kmの起伏のほとんど無いCRです。

まずは自宅からつくばりんりんロードの一番近いところまで。土浦から約10km程の地点から岩瀬を目指します。

この日は天気も良く午前中は風もほとんど無かったので快適でした。りんりんロード自体は舗装もしっかりしていて道幅も比較的広く走りやすいです。農道や一般道との交差点が多いところもあるので、意外にしょっちゅうブレーキをかけている感じはありますが。

自宅からだと筑波休憩所が最初の休憩所で、ここまで約15km。駐車場もあるので多くのサイクリストが集まっていました。

次の休憩所は真壁休憩所。ここも駐車場があり多くのサイクリストが。実は勤務先から大変近いところにこの休憩所があります。

真壁休憩所からは岩瀬の終点まで一気に。距離は約10km。両側に広がる長閑な田園風景を眺めながらあっという間に岩瀬に到着。距離は約34km、往復すれば割と良い感じの距離になるな~、と思いつつ来た道をとって返します。

真壁休憩所からCRを逸れ昼食を取るべく(いつもお世話になっている)定食屋へ。普段とは違う格好だったので私とは気づかずビックリしたようでした。

昼食後辺りから風が強くなり始め、帰路はずっと向かい風。久々に走ったのと日焼けによる体力消耗があったのか、たいした距離でもないのに疲労困憊。自宅にはヘロヘロ状態でたどり着きました。

自宅から勤務先までは約20km強、今までは車で通勤していましたが、自転車通勤もいいな!と改めて感じた1日でした。

久々更新(新兵器投入)

久々の更新です。

昨年に引き続き、なかなかガリレオに乗る時間を作れない今日この頃ですが、ようやく季節も春めいてきて、これから乗る時間を増やしていきたいなぁと思っています。

昨日は約1か月ぶりにガリレオに跨りプチライドへ。お世話になっているショップへ買い物に行く前に寄り道して佐倉市の川村記念美術館へ。恰好が格好なので美術館の中に入ることはしませんが、ここは広い公園のような敷地の中に瀟洒な美術館が佇んでいて、ホッと一息つける場所です。

Dsc00262 川村記念美術館

公園の緑で和んでから一路ショップへ。取り置きをお願いしていたものをいただきに伺いました。

購入したのはロードバイク用シューズとロード用ペダル。
今までシマノのSPDにMTB用シューズ(クリートを付け替えればロードにも使えるモデルでした)で乗っておりましたが、最近は輪行する機会も激減し、もし輪行する場合でもペダルごと交換すれば問題なし、ということでロード専用の購入に踏み切りました。

シューズはアディダスの「アディスター・ロードプロ」、ペダルはLOOKの「KEOクラシック」。

Dsc00264 アディスター・ロードプロ

Dsc00263 LOOK KEOクラシック

「今更アディダス?」と言えなくもないですが、もともとMAVICが作っていたわけですし、丁度私に合うサイズの在庫があったので。因みに今シーズンのMAVICは入荷が極端に少ないらしいです。

ペダルはシマノSPD-SLと悩んで結局はLOOKにしました。強いて言えばキャッチ&リリースがSPD-SLよりもしやすそうだったというのが理由でしょうか。グレードも高価なものは必要ないのでクラシックに。

取り付けをお願いし、早速近場の印旛沼CRでロード専用シューズ&ペダルデビューをしましたが、漕ぎ出しからSPDとは別物という感じ。(ショップでも言われましたが)感触はSPDと似た感じがするものの、しっかり感が違います。ペダリングも軽快になったような印象です。

SPDとは違いリリースに若干時間がかかるので、帰り道渋滞の一般道をすり抜けていく時は少し怖かったですが、思ったよりも「歩きやすく」、停車時足を着く際も大きな問題はありませんでした。

クリート位置やサドルの高さなど試行錯誤は必要でしょうが、「餅は餅屋」を改めて実感しました。

都心サイクリング(多分年内ラストラン)

職場は昨日で仕事納め。様々なことのあった激動の2008年も間もなく暮れていこうとしています。

今日は比較的天気も穏やかということで、久しぶりに都心を走ることに。約1ヶ月ぶりのサイクリングです。

いつものように6時頃家を出発、道路は空いていて7時前にいつもの神田神保町某駐車場に到着。7時半に走り始めました。

昨日ほどではないにしろ、さすがに冬ということで朝は寒いです。今日は「多分大丈夫だろう」と高をくくってシューズカバーを持って行かなかったことを後悔しました。

1ヶ月ぶりだからか、何となく疲れ気味で皇居を3周ほど回ったところで早くも小休止。先が思いやられます。

皇居から国会議事堂を通り、赤坂日枝神社へ。今日の安全をお祈りします。既に正月の準備が進んでました。

Dsc00239 朝の国会議事堂

Dsc00238 赤坂日枝神社

日枝神社からは紀伊坂を登り、迎賓館前を通って外苑へ抜け、表参道を往復、西麻布の牛坂を登ってから六本木ヒルズへ。

六本木ヒルズから程近い鳥居坂を無意味に?登った辺りでちょうど良い時間(=浪花家の開店時間)になったので麻布十番の浪花家へ。
その場で食べる用と家族用を買い込み、出来たてを味わってから一旦たい焼を車に積むべく駐車場方面へ。

途中アークヒルズ近くの桜坂を登り、スペイン坂を下ってから、神田神保町の駐車場へ。ここでたい焼を下ろし、今度はお台場を目指します。

晴海通りから勝鬨橋を渡り、さらに晴海大橋を渡ってお台場方面へ。今日はビックサイトでコミケが開催されているらしく、ビックサイト周辺は大変な人出でした。痛車も何台か目撃しました。

この辺りで最近症状が出ていなかった膝痛の気配を感じたので、お台場到着後すぐに水上バスで都心側に戻ります。

Dsc00237 水上バスから眺めたレインボーブリッジ

「もう切り上げて帰ろう」と思っていたところ、水上バスから東京タワーが見え、そういえば今年は東京タワーが出来て50年だったことを思い出し、日の出桟橋から東京タワーを目指します。

東京タワー手前にある増上寺は年末だからか大勢の人で賑わっています。増上寺と東京タワーを一緒に眺められるのこの場所は個人的なお気に入りです。

Dsc00236 増上寺と東京タワー

東京タワーは先日23日に50歳の誕生日を迎えたということもあり、大変な人出でした。真下から眺める東京タワーの勇姿は天に届きそうで何とも言えないです。

Dsc00235 50歳の東京タワー

東京タワーを後にして、今日の都心サイクリングは終了。恐らくこれが年内最後のサイクリングとなる予定です。

今年は職場が変わったこともあり、以前よりも自転車に乗る時間を作れなくなった1年でした。

一方で、(理由は分からないものの)暖かい時期には膝痛が出なくなり、ロングライドをこなすことが出来るようになった1年でもありました。

来年もボチボチ乗っていきたいと思います。

☆本日の走行距離:56.0km、平均速度:21.5km、最高速度:43.5km、総走行距離:4104.4km、2008年の走行距離:1810.4km

風張峠と初パンク

昨日久しぶりに風張峠へ。

平日ということで渋滞をさけるために朝5時に車で家を出発。7時過ぎに武蔵五日市駅に到着、準備を済ませて7時半過ぎに走り始めました。

前回よりも順調に距離をこなしている気がするものの、相変わらずキツイです。今回も途中何度も休憩を挟みながら都民の森に到着。

さすがに自転車は見かけません。その代わり、大勢のハイカーと小学生らしき集団が賑やかでした。紅葉はもう少しというところ。

Dsc00210 ハイキングコース?の入り口

ソフトクリームで一息つき、一路風張峠へ。思ったよりも距離があるな、などと思いつつペダルを漕ぎ無事到着。所要時間は約2時間。確実に脚力はアップしていると感じるものの、遅いのは変わりませんでした。

Dsc00209 風張峠にて

写真撮影も早々に来た道を引き返します。今回は奥多摩湖側へは行きませんでした。都民の森辺りの気温が12℃ということもあり、結構寒いです(一応アームウォーマー、ニーウォーマーをしていたのですが)。

現在、武蔵五日市駅から都民の森までの道はあちこちで工事中ということもあり、少し走りにくいです。また相変わらずオレンジの縞々ペイントが下りではキツイですね。

それでも順調に下ってきたのですが、檜原村役場あたり(詳しくは分かりません)で何となくフロントタイヤに違和感を感じ、見てみると空気が抜けて凹んでいるではありませんか!安全なところで停車してタイヤをさわってみると明らかに空気が抜けています。ガリレオでは初めてのパンクです。少しの距離なら走れそうだったので、スピードを落とし、フロントに体重をかけないようにして慎重に走り、何とかそのまま武蔵五日市駅まで走りきることが出来ました。

初パンクで気分は落ち込んだものの、走り終えたら温泉に行く予定にしていたので、武蔵五日市駅からも程近い『秋川渓谷 瀬音の湯』へ。ここでゆっくりと汗を流し帰路につきます。
http://www.seotonoyu.jp/

帰宅し早速チューブを引っ張り出してみると、針で刺したような穴が。生憎パンク修理用のパッチ等を持っていなかったのと、予備のチューブが(長期間使用しなかったせいか)ダメになっていたので修理は諦めました。ダウンヒルの最中などの危険なときや、目的地までもっと距離があるときなどにパンクしなかったことは幸いでした。

※本日ショップへお伺いし、チューブを購入。自分では気づかなかったのですが、タイヤには鋭いガラスが刺さっていました。

☆本日の走行距離:65.8km、平均速度:20.9km、最高速度:48.5km、総走行距離4007km

不動峠チャレンジ(併せて100マイルチャレンジ)

秋晴れの祝日。久々にロングランでもと筑波山の不動峠を目指すことに。不動峠は関東では有名な峠らしく、ネットで検索しても多くの方がチャレンジしていらっしゃいます。
加えて100マイル=160kmの走破も視野に入れました。自宅から筑波山の麓までは凡そ70kmなので最近調子の良い膝さえ保ってくれればなんとかなりそうです。

自宅を7時半に出発、帰りのことを考え軽いギアでスピードを抑えて走ります。筑波山までは仕事やら何やらで走り慣れた道なので淡々と距離をこなします。

自宅から50km地点にあるTXつくば駅あたりで小休止。ここまでで約2時間。つくば駅から少し行った所にあるコンビニで食料等を補給し腹ごしらえ。不動峠を目指します。

峠へ至る道も途中までは仕事で何度も走った道なので割とすんなり。最後少し迷ったものの、不動峠への方向を示す看板を発見しました。ここまでで70km弱。

Resize0001 不動峠の案内が。

一般的に皆さんがどの地点からタイムを計り始めるのかは分からなかったのですが、とりあえず私の場合この案内の地点からタイムの計測を始めてみました。

色んな方のHPやブログで情報を仕入れていたので何となくコースのイメージは掴めたものの、登り始めるとやっぱり私にはきつかったです。ただ今回は必死に足を回して、ダンシングもして何とか途中で足をつかずに不動峠に到着!

Resize0002 不動峠

タイムは18分04秒。これがどの程度のものか分からないものの、60km以上自走してからのものだし、途中足つきをせず登り切ったので良しとします。登り口では私より先に登って行かれた方を見かけただけでしたが、登っている最中反対から下ってくる方も大勢いて、また峠でも反対側から如何にも健脚そうな方々が登ってこられたので、メッカだけのことはあると納得しました。

この後は来た道を引き返して峠を下り、つくばりんりんロードの筑波休憩所まで走り、帰路につきました。

Resize0003 筑波休憩所

先日125kmを経験したので大丈夫かな?とは思いつつも膝が心配だったものの結果的には痛みは出ず。さすがに走り慣れていない距離でもあり疲れてスピードも落ちましたが、今日の2つ目の目標である100マイル走破を達成しました。

これから寒い時期に向かい、恐らく膝の痛みも出始めると思われるので、もしかしたら今年最後のロングランかもしれませんが、また機会を見つけて挑戦してみようと思います。

☆本日の走行距離:161.1km、平均速度:22.4km、最高速度:44.7km

国立新美術館

昨日は暑いさなか2日前車で行った川村記念美術館へのルートを自転車でトレース。これで次回以降はカーナビなしでもOK。この後ショップへお邪魔したりしながら72.5km走りました。

今日はまだ行ったことの無かった国立新美術館へ。ウィーン美術史美術館所蔵の静物画を中心とした展覧会が開催されています。

Ma330018 国立新美術館エントランス

先日亡くなられた黒川紀章氏の手による建物は丸みを帯びた独特な印象ですが、内部は広くゆったりとした作りでした。3階にはあのポール・ボキューズのフレンチもあって開店前には既に10人ほどの行列が。

午後は都内某所でOGKのモストロ(白)とウェアを購入。モストロは今使っている黒に加えて2つ目。

明日は夏休み最終日。天気が良ければまたどこかへガリレオと出かける予定。

1年ぶり碓氷峠

夏期休暇序盤の12日は1年ぶりに軽井沢へ。

寝坊して予定より1時間遅れの6時に出発、先日の事故の影響で首都高5号線が車線規制となり渋滞。それでも3時間少々で横川に到着。9時半から碓氷峠を登坂開始。

Dsc00105 ここから184のカーブが始まる

さすがに去年よりも休憩回数も少なく足も回る感じだったもののそれなりに疲れました。
そんな中、登坂中車から手を振って励ましてくれたお子さんには元気づけられました。

Dsc00106 めがね橋

Dsc00107 旧道(国道18号)の頂上

ここまでのタイムは57分、平均時速は16.2km、単純にタイムだけを見ると去年とほとんど変わりがないものの、昨年の記録は(後から考えてみれば)休憩時間や写真撮影時はフライトデッキを止めていたので、実際にはもっとかかったはず。とりあえずわずかながら進歩したということで良しとします。

ここからあっという間に旧軽銀座。時間も11時近くということで大変な人出。周りとそぐわない場違いな格好でガリレオを押しながら進み、ミカドコーヒーのモカソフトをゲット。

Dsc00109 モカソフト

そのまま旧軽銀座を進み見晴台方面へ。相変わらずの激坂を半分ほど押し歩きしながら到着。熊野皇大神社でお参り。

Dsc00111 熊野皇大神社

この後はもと来た道ではなく、朝登ってきた碓氷峠に至る道を下り、再び軽井沢へ。旧三笠ホテルや軽井沢聖パウロカトリック教会に立ち寄り中軽井沢方面へ。

今回の下りは碓氷バイパスを使います。夕食に横川の釜飯を買って帰らねばならず、渋滞も予想されるので早めに軽井沢を後にします。

碓氷バイパスは下り始める前に登りがあって、疲れた体には結構堪えます。それでも下り始めると舗装状態も良く、比較的緩やかなカーブであることから気持ちよく下れます。旧道に比べ勾配はキツイので、登るのは大変そう。1人だけ上っている人を見かけました。辛そうでした。

1時45分頃横川に到着。急いで自転車を車に積み、釜飯を購入して帰路につきます。「4時間はかかるだろうな」と思っていたところ、結果的に自宅到着は7時。延々と首都高の渋滞に捕まりました。うんざりです。

今回の軽井沢遠征で昨年よりもほんの僅かながら脚力がついたことを確認できたので、秋には乗鞍を再訪したいと思います。

☆本日の走行距離:66.9km、平均速度:20.8km、最高速度:60.9km

より以前の記事一覧

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ