« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

風張峠と初パンク

昨日久しぶりに風張峠へ。

平日ということで渋滞をさけるために朝5時に車で家を出発。7時過ぎに武蔵五日市駅に到着、準備を済ませて7時半過ぎに走り始めました。

前回よりも順調に距離をこなしている気がするものの、相変わらずキツイです。今回も途中何度も休憩を挟みながら都民の森に到着。

さすがに自転車は見かけません。その代わり、大勢のハイカーと小学生らしき集団が賑やかでした。紅葉はもう少しというところ。

Dsc00210 ハイキングコース?の入り口

ソフトクリームで一息つき、一路風張峠へ。思ったよりも距離があるな、などと思いつつペダルを漕ぎ無事到着。所要時間は約2時間。確実に脚力はアップしていると感じるものの、遅いのは変わりませんでした。

Dsc00209 風張峠にて

写真撮影も早々に来た道を引き返します。今回は奥多摩湖側へは行きませんでした。都民の森辺りの気温が12℃ということもあり、結構寒いです(一応アームウォーマー、ニーウォーマーをしていたのですが)。

現在、武蔵五日市駅から都民の森までの道はあちこちで工事中ということもあり、少し走りにくいです。また相変わらずオレンジの縞々ペイントが下りではキツイですね。

それでも順調に下ってきたのですが、檜原村役場あたり(詳しくは分かりません)で何となくフロントタイヤに違和感を感じ、見てみると空気が抜けて凹んでいるではありませんか!安全なところで停車してタイヤをさわってみると明らかに空気が抜けています。ガリレオでは初めてのパンクです。少しの距離なら走れそうだったので、スピードを落とし、フロントに体重をかけないようにして慎重に走り、何とかそのまま武蔵五日市駅まで走りきることが出来ました。

初パンクで気分は落ち込んだものの、走り終えたら温泉に行く予定にしていたので、武蔵五日市駅からも程近い『秋川渓谷 瀬音の湯』へ。ここでゆっくりと汗を流し帰路につきます。
http://www.seotonoyu.jp/

帰宅し早速チューブを引っ張り出してみると、針で刺したような穴が。生憎パンク修理用のパッチ等を持っていなかったのと、予備のチューブが(長期間使用しなかったせいか)ダメになっていたので修理は諦めました。ダウンヒルの最中などの危険なときや、目的地までもっと距離があるときなどにパンクしなかったことは幸いでした。

※本日ショップへお伺いし、チューブを購入。自分では気づかなかったのですが、タイヤには鋭いガラスが刺さっていました。

☆本日の走行距離:65.8km、平均速度:20.9km、最高速度:48.5km、総走行距離4007km

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ